s
c
Voyager Journal
  • Designer Profile: Suzuki Satoshi of Loopwheeler
Designer Profile: Suzuki Satoshi of Loopwheeler


Loopwheeler makes the best fleece items in the world using a slow dedicated focused approach in rural Japan. They are made using vintage loops that typically make only about 9 meters a day. Beautifully slow crafted, the fleece is meant to last a lifetime and age perfectly with the wearer.

Revolver sat down with Suzuki san to understand the elements behind Loopwheeler line.

How did you conceive of the LOOPWHEELER brand?

LOOPWHEELER was founded in 1999.

I had many memories as a child of French Terry fabric sweats. Their pleasant texture was memorizing and after graduating from college, I was convinced that the "the world of loop-wheeled fabric” was an integral part of the Japanese culture and wanted to expand a product based solely on this mateiral.

Working in the yarn industry, I became deeply trenched in the history, skills and craft of fabrics and decided to make the best product using loop wheeled fabric.

Team LOOPWHEELER believes that the sweat made out of loop-wheel has a possibility to be the world’s greatest.

To improve on the essence of the product, it is essential to conceive all the processes including the choice of yarns at the very beginning stage, when it is passed to the customer. There are very careful thoughts to make our products to have higher attraction even after all these processes. The goal is to recreate my memories as a child and continue them daily.

We put so much effort and passion and are proud of for loop-wheel craft men and all the people who engage in LOOPWHEELER production.

This is our style that has never been changed since the foundation of LOOPWHEELER.


What excites you about designing a new collection? Is it fits, stories, fabrics that inspire you most?

 It is hard to point out exactly.

Because there is no specific limitation identified in the possibility of the loop wheeled fabric, there are a lot of ways we want and try to do.

Although the basic pattern of the body design is completed, there is still a fine adjustment needed with the characteristics of fabric, design, and trend based on the careful concern about comfortable fitting.

 To talk about its printing design and motive of patches, we re-design them based on our feeling towards trend and an expression of message from current topics (not from the point of political view, but sports and interests).

Also we sometimes just make the image simple and pretty while we try to appeal for only a certain type of group of people who knows it.

Although there are varieties of ways to reach design, we always focus on how we can make our customers feel joy to wear our products.


LOOPWHEELER is very well known for its collaborations with NIKE - How did Nike and LOOPWHEELER work together with the LOOPWHEELERphilosophy being about traditional quality and Nike’s about innovation.

The collaboration of Nike×LOOPWHEELER production started in Fall/Winter season in 2008.

The trigger for this collaboration was a one page advertisement about our brand, which appeared in the British magazine “ARENA” in 2001 (LOOPWHEELER was only for international business at that time).

When the advertisement caught one of the NIKE’s staffs’ eyes in the UK where NIKE originally came from, he started thinking about this collaboration when he became in charge of producing position.

 In 2006, when he was charged in the position, his though became things.

We received an E-mail from him, and that was the beginning of this collaboration.

(In addition, when he suggested this idea in meeting, he found out thatLOOPWHEELER is also his boss’s favorite brand.)

 Even though it is true that NIKE is the brand that mainly focuses on innovation, his department was looking for high quality training wear that is classic and orthodox, and also has a possibility to been used in daily life.

Loop-wheeled fabric creates high level of softness and warmth, and elasticity and absorption, which is not able to do with synthetic fiber.

Back to the basic of sweat shirt, it was developed as American sport wear.

We work on the production as a project that goes to the end of the basic to make the classic quality and comfortable fitting.

- Your retail stores are beautiful, stark, and simple mirror manifestations of the items you produce - could you walk us through you retail strategy , store design etc?

 It is important for us to express the sweat shirts, which are casual, but produced gently and carefully in our store designs.

The store has high level of finishing due to the tender tense atmosphere from the fusion of loop-wheel’s movement, its position, products and displaying, and construction and interior, which were created by an interior designer, Masamichi Katayama.

What were some of the challenges with working NIKE - some of the advantages?

Because the size spec is considered in the global standard, it was challenging for our pattern maker to make the pattern that fits to Japanese people well while considering the size NIKE demands.

How do you see your ethos of slow detailed clothing fitting into a fast paced world of fashion? 

We believe that there is no need to make loop-wheeled fabric meet with trend and temporary designing.

One of the characteristics of loop-wheeled fabric—the duration of softness will last from several years to a few decades depends on the frequency of wearing and laundry.

We expect our customers are able to feel the quality of loop-wheeled fabric for a long time while wearing it as not only for basic coordinating, but also high quality daily wear. 



- What challenges and opportunities do see with LOOPWHEELER in the future? What are you looking forward to most in the coming seasons? 

To inherit the loop-wheel culture to the next generation, we would like to expand the world and existence of loop-wheeled fabric not only for Japan, but also world widely through the conformity of fitting.

It is hard because it is not as simple as just initiating business with foreign customers.

We are looking forward to have an opportunity to convey the pure thought of craft man and craftsmanship of LOOPWHEELER to people in the world.

Thank you!

--Loopwheeler brandはどのような経緯で誕生したのでしょうか。

代表 鈴木 諭 が1999年に「LOOPWHEELER」を立ち上げました。

吊り編み機から生まれる生地の肌触り、着る程に増す柔らかさは、

鈴木の子供の頃に着たスウェット(吊り編み生地のスウェット)の想い出から、ずっと記憶に留まっていました。

大学卒業後、社会に出て糸の仕事に携わり、吊り編み生地の生産を手がける中、「吊り編み機」の世界は一つの日本の文化であることを確信します。

そして、吊り編み機や職人の技術を絶やす事無く存続させる事、その為に季節を問わず吊り編み機を稼働させる事を自らの手で行う為に、自分たちのブランド「LOOPWHEELERを立ち上げました。


--Loopwheelerでは手間暇をかけた丹念な繊維生産が行われています。そのように情熱を込め、こだわりを持ち続けるきっかけとなった理由が何かあるのでしょうか。

吊り編み機で編んだ生地を使って創るスウェットは「世界一のスウェット」になり得ると思っています。

前述しましたが、吊り編み機の存続のためには、その深く濃いあじわいを薄める事なく、はじめの糸の選別から、カスタマーの手に渡り、メンテナンスの予測含め、すべての過程を経て、尚魅力が高まる様なプロセスを考えています。

そして、吊り編みの職人や、LOOPWHEELERのものづくりに携わる人々の心に何か誇りになるブランド力を蓄えていく為に、常に、気持ちを込めたものづくりを心掛けています。

これがLOOPWHEELER設立からの変わらぬ姿勢です。


--新商品をデザインする際、そこには突如何か閃くことがある場合、そこに至るまでのストーリーがある場合、布地からアイディアを得る場合と様々な理由があると思います。どのようなものから特に刺激を受けるのでしょうか。

色々あって特定が難しいです。

吊り編み生地の可能性はまだまだ奥深く、やりたい事、試してみたい事が沢山あります。

ボディデザインは基本の型がほぼ完成されていますが、生地や、デザインに合わせ、時代性を含ませながら、着心地重視でパターンの微調整を行います。

プリントデザインやワッペンのモチーフ使いに関しては、アーカイブから今の時代感に即した形でのリデザイン、

時事的なメッセージ(政治・宗教的ではなく、スポーツや趣味的な視点)の表現、

時にはシンプルにかわいいイメージを感じるもの、

そして中には「わかる人だけ」に訴えるものもあります。

いずれも、着る事を楽しむ要素になるように、ひとつひとつのデザインに意味を持たせています。


--Loopwheeler brandはNIKEとのコラボレート企画で有名です。伝統的製法にこだわりを持つLoopwheelerに対し常に進化を目指すNIKE。物造りに対し両極端な哲学を持つ2つのブランドがどのようにして手を取り合い一つの物を造り上げたのでしょうか。

NIKE×LOOPWHEELERの製品展開は2008FWからスタートしました。

きっかけとなったのは、2001年にイギリスの雑誌「ARENA」に掲載した1Pの広告です(当時LOOPWHEELERは海外の販売のみでした)。

その広告はナイキ本国のスタッフの一人の心に留まり、彼は「いつか自分が製品作りを担う様になったら、このブランドにスウェットを作ってもらおう。」と思ったそうです。年月が過ぎ、2006年、彼が望むポジションに付いた時、その思いを具現。彼から一通のメールが鈴木宛に届き、それがこのコラボレートのはじまりとなりました。(さらに、その青年が社内会議でこの件を提案した際には、LOOPWHEELERは彼の上司のお気に入りのスウェットだった、というおまけのお話しもあります。)

確かにナイキはハイテク機能が生きた商品作りがメインですが、彼の部署ではクラシカルでオーソドックス、そしてデイリーユーズ可能な上質なトレーニングウェアを求めていました。

吊り編み生地は、化学繊維にはない豊かな柔らかさや、包まれるようなあたたかさがあると同時に、伸縮性や吸水性にも優れています。

もとはアメリカのスポーツウェアとして発展したスウェットシャツ

その原点を極めるような、クラッシックなクォリティと、優しい着心地を実現するプロジェクトとして、現在も展開しています。


--NIKEとの共同作業の際、苦労されたことはありましたでしょうか。また、アドバンテージは何だったのでしょうか。

サイズスペックがグローバル基準で考えられているので、弊社のパターンメーカーがNIKEが希望するサイズを踏まえながら、日本人にも着心地の良いパターンを作成する事に苦労もありました


--店内はシンプルで美しく、当ブランド商品イメージをそのまま映し出したような造りと取って見えます。リテイルストラテジーやストアーデザインなどに対する思想についてお話伺えますか。

カジュアルでありながら、とても丁寧に、かつ大切に作られているスウェットたちを、いかにストアーデザインとして表現出来るか。

片山正通氏のデザイン力によって、吊り編み機の動き(営業中は常に回転しています。)とポジションを含め、製品やディスプレイと、建築・インテリアの融合が柔らかな緊張感を感じさせる、完成度の高い仕上がりになっている思います。


--手間暇をかけ丹念な物造り精神を持つ当ブランドがどのようにして目まぐるしく変わり行く服飾業界に適応していくとお考えでしょうか。


吊り編み機で編んだ生地を、あえて流行りや一過性のデザインに合わせる必要はないと考えています。

吊り編み生地の特性でもある、柔らかさの持続は着用頻度やお洗濯の状況にもよりますが、数年~数十年と長持ちします。

ベーシックなコーディネートを楽しむデザイン性があれば、上質なデイリーウェアとして、長い間吊り編み生地のクォリティを感じながらご着用頂けると思います。


--Loopwheelerの今後に残された課題、または好機などをどのようにお考えでしょうか。また、これからのシーズン、どのようなことに特に楽しみを感じていますか。

前述と重なりますが、

吊り編み機の文化を次世代に繋げて行かれる様、日本だけでなくより広い世界の方にその着心地を通して、吊り編み生地の世界観と存在を広げて行きたいと思います。

ただ、単純に海外取引をすれば良いということではないので、難しさも感じています。

LOOPWHEELERのものづくりの姿勢や作り手の気持ちを、薄まる事なくお伝え出来る好機を私たちも楽しみにしています。

Comments on this post ( 0 )

Leave a comment